ファクタリングの手数料を比較

subpage01

ファクタリングには派生サービスが増えてきています。

ファクタリングの比較情報はこちらです。

もともとは売掛金を買取するというサービスでした。



現在では、売掛金以外にもさまざまな債権が買取可能になっています。


医療債権や家賃収入、商品在庫なども買取対象です。
ファクタリングの種類ごとに手数料も異なります。
手数料は会社ごとに異なりますが、同じ会社でも審査の結果次第で手数料が変わることがあります。

「売掛先の会社の信用」「2社間か3社間どちらにするか」などによっても手数料は変わるそうです。



2社間の手数料相場は10%〜20%、3社間では1%〜9%程度と言われています。


3社間では取引先の同意が必要になるというデメリットがあるので、2社間のほうが主流だそうです。
信用が大きく左右するので、交渉によって安くなる可能性があります。複数の会社で相談をしてみることがおすすめです。

「他社ではもっと安かった」などと言って他社と競合させることも手数料の値引き交渉を有利に進めるポイントです。このように、様々なタイプのファクタリングがあるので、しっかりと比較をして自社に合ったサービスを選ぶことが大切です。残念なことですが、悪徳業者も混じっているので手数料だけで比較するのもよくありません。
口コミや評判、インターネットの比較サイトなども参考にして信頼できる会社を選びましょう。
資金調達の手段としては、消費者金融よりもコストがかかるということも理解しておくべきです。そのため、最後の手段として検討すべきと言われています。