ファクタリングの様々なメリットを比較する

subpage01

ファクタリングには2社間取引と3社間取引があり、それぞれに異なるメリットが存在します。

最近話題のファクタリングの比較のクチコミ評価が高いです。

2社間取引の最大のメリットは売掛先に通知をしなくてもよいという点にあります。

売掛先に通知を行い承諾を得なければならない場合、自社の経営状態を知られて取引を停止されたり発注量を減らされるリスクが考えられます。
しかし2社間取引ならば通知が不要なので自社の経営状態を知られる心配がなく、取引停止などのリスクを回避できます。

3社間取引の場合は売掛先から承諾を得なければならないため現金化までの3日から1週間ほどかかります。
2社間取引ならば承諾が不要なので即日でも現金化が可能となっており、3社間の場合と比較して素早く資金調達ができるというメリットが存在します。ただし2社間取引は売掛金を利用者自身が回収してファクタリング会社に支払わなければなりません。



利用者が売掛金を使い込んだり倒産するなどのリスクがあるため、3社間取引と比較して手数料が割高に設定されています。



一般的なファクタリングの手数料相場は2社間取引が売掛債権額の6%から40%ほどとされていますが、3社間取引は1%から5%ほどです。

2社間取引と比較して3社間取引の方が遥かに安い手数料で資金調達を行うことができるというメリットがあります。

多少時間がかかっても手数料を抑えて資金調達をしたい場合には3社間取引を選ぶのがおすすめです。
ファクタリング会社には様々なものがあるので、各社のサービス内容や手数料を比較して自社に合ったものを選ぶとよいでしょう。